SICPラン④(p31~1.2 手続きとそれが生成するプロセス)

これまでは、プログラミングの組み立て方を学んできた。算術演算子を用いた単純な手続きを組み合わせ、ときに特殊形式のifを用いて複雑な手続きを組み立てた。(例えば、ある整数の平方根を求める手続き) ここからは、それらの手続きをどのようにして用いれ…

SICPラン③(p26~1.18. 例: ブラックボックス抽象化としての手続き)

作られた手続きは、中身が詳細に知られる必要がない。簡単な例だとニュートン法で用いたsquareで、返り値として引数の二乗がかえってこれば良いのであって、どのように実装されているのかは知る必要がない。ブラックボックスで構わないのである。そして、一…

SICPラン②(p22~ 1.1.7. 例: ニュートン法による平方根)

今まで出てきた「手続き」というのは、数学の関数によく似ている。しかしそれらには決定的に異なることがある。「手続き」では物事をどのようにして行うのかについて述べており、関数では物事の性質を述べているという違いである。(命令的知識と宣言的知識…

SICPラン①(p20~)

SICPを読む過程で解いた問題の解答や、理解したことなどを書く。なお私はCSの学位などとは全く無縁であるので、参考になるものはなく間違っていることが多いと思う。Exercise 1.3:三つの数値のうち大きい二つを選び、それらの二乗和をかえす(三つは任意の…

コトバンクにおける不可解な記載

ほんの興味から「イオン(ion)」の語源について調べていた。全く科学系の事柄に関しては昏いのであるが、今回少し調べてみたので備忘録的に記す。 結論から言うと、イオン(ion)はギリシャ語の「行く(ienai)」をもとに、ファラデー(Michael Faraday, 1791-1867…

コンラッド『闇の奥』、サン=テグジュペリ『夜間飛行』を読んだ。 コンラッドに関しては、映画『地獄の黙示録』でベトナムに舞台をうつしてリメイクされている。初めは、植民地主義に対する批判的姿勢をとるものだと思ったが(実際その読みは正しいのだろう…

ジョージ・オーウェル『動物農場』山形浩生訳 早川書房

1945年に初版が出版されたもので、原題はAnimal Farm: A Fairy Taleである。邦訳自体はたくさんあるので、様々な訳者のものでも楽しめると思われる。(以下のリンクがフリーのもの) blog.livedoor.jp 本書のあらすじ 人間の農家に虐げられてきた動物たちは…